市販の育毛剤は薄毛と抜け毛に効果的だが、出産後も?

市販の育毛剤は薄毛と抜け毛に効果的だが、出産後も?

■市販の育毛剤はどうやって選べばいいの?

 

出産後に薄毛で悩んでいる時は、手軽にドラッグストアで育毛剤を購入し
ささっと治してしまいたいものですが、どうやって選べばいいのでしょうか?

 

 

 

・第一類医薬品に指定されている育毛剤は薬剤師の許可が必要
・第二・第三類医薬品か、医薬部外品の育毛剤は手軽に買える

 

 

出産を機に体質が変わるのは、よくある話です。30代後半の私は35歳、
37歳の時に子供を産みましたが、2回とも身体に変化が現れました。

 

 

特に35歳の初産の時には、一気に髪の毛が抜けてしまい、かなりショック
を受けました。

 

 

家じゅうに自分の長い髪の毛が抜け落ちているのを見るのが嫌でしたし、
不潔な感じがしてしまうので、ロングだった髪を思い切ってボブに!

 

 

抜け毛の長さが短くなったので、家じゅうの床に落ちている毛も量が減った
感覚になり、気持ちが少し楽になりました。

 

 

しかし、それでも髪が抜け続けていることには変わりがないので、育毛剤で
改善することに!

 

 

いろいろ育毛剤について調べてみると、選ぶ時の基準が分かりました。

 

 

まず、育毛剤などの薬品には、いくつかの種類があります。

 

 

・第一類医薬品(リアップシリーズなど)
・第二類医薬品(カロヤンSなど)
・指定第二類医薬品(ヘアグロアーSなど)
・第三類医薬品(カロヤンアポジカGなど)

 

 

このうち、第一類医薬品は副作用の恐れがあるので、薬剤師の許可を
もらわないと販売してもらえません。

 

 

そして、第二類医薬品と第三類医薬品は薬剤師の許可なしで買えて、
副作用の心配もあまりありません。

 

 

ほとんどの市販育毛剤は、この部類に入りますね。

 

 

そして、指定第二類医薬品は、第一類医薬品程ではないものの、
副作用の心配があるので、注意が必要となります。

 

 

そして、医薬部外品という者もありますが、これはスキンケア用品に近い
扱いになっており、危険性がとても低いと言えます。

 

 

出産後の身体はまだ刺激に弱く、母乳を赤ちゃんに飲ませることも考え
ないといけないので、第一類医薬品の育毛剤は避けるようにしてください。

 

 

ドラッグストアなどでも手軽に購入できる育毛剤で出産後でも安心して
使えるものは、どんな商品でしょうか?具体的に、紹介していきましょう!

 

 

■ドラッグストアでも買える!市販の育毛剤は?

 

ドラッグストアでも買えて、市販の育毛剤をご紹介します。
出来るだけ、低刺激で天然成分が配合されているものを選びましょう!

 

 

 

・シャンプーを発売しているメーカーから出ているものが人気
・おばあちゃん世代向けの育毛剤は買いやすい

 

 

「セグレタ 髪をはぐくむスプレー」 価格1,500円前後

 

・価格が安いので試しやすい
・頭皮が健康になり、髪の毛にハリが出てくる
・医薬部外品なので安全だが、化学成分も配合されている
・ドラッグストアなどで販売されていて購入しやすい

 

 

「50の恵み」 価格3,000円前後

 

・加齢による脱毛のための育毛剤だがスーパーでも買える
・手軽に試せるので、育毛剤初心者にちょうど良い
・50種類の楊淳成分を配合している
・血行促進のための人参抽出液が配合
・他にも3つの有効成分が含まれている
・低刺激なので安心して使える

 

 

このように市販の育毛剤には、安い商品が多く手軽に試せて、
購入しやすいので続けやすいというメリットがあります。

 

 

通販のみの販売となっている育毛剤は、4,000円前後しますし、
ドラッグストアなどでは売っていないので、手間がかかります。

 

 

安く手軽に、続けられるというポイントも重要な判断基準ですよ!

 

 

■育毛剤のほとんどは髪が生えてこない?

 

育毛剤には、さまざまな成分が配合されていますが、実は、きちんと科学的
に発毛効果が証明されている成分は世界に一つしかありません。

 

 

 

・ほとんどの成分は効果は不確か
・ミノキシジルは毛母細胞に働きかけ、髪の成長を早める

 

 

育毛剤に含まれ知恵る様々な成分は、99%の成分が科学的に発毛効果
を証明されていないものです。

 

 

唯一、発毛効果を証明されているミノキシジルは、毛母細胞に働きかけ、
髪の成長を早めます。

 

 

しかし、ミノキシジルを配合している育毛剤でも半年は使い続けないと
効果を実感できません。

 

 

また、市販の育毛剤には植物エキスが配合されていますが、有効成分の
濃度を極端にあげることが出来ないので、発毛効果は少ないです。

 

 

市販の育毛剤に配合されている主な成分はこちらです。

 

 

おもに、血管や細胞に働きかけるものですが、効果には個人差があり
ます。

 

 

・ニコチン酸アミド(毛母細胞を活性化させる)
・B−グリチルレチン酸(殺菌作用)
・塩化カルプロニウム(頭皮の血管を拡張する)

 

 

■育毛シャンプーなどで代用するという方法も!

 

育毛剤は、髪を育てるというよりは、髪が育ちやすい環境を作るための
もの。だったら、育毛シャンプーでも同じような効果を得ることが出来ます。

 

 

頭皮を清潔にして、保湿を行い、適度に刺激をすることで、髪が育ちやすい
頭皮環境となるのです。

 

 

頭皮を優しくマッサージするようにシャンプーすると、血行促進にもなり
ますし、本当に育毛剤が必要かを考えてみてください。

 

 

出産後の身体はデリケートなので、できるだけ余計なものは摂取しない
ようにしましょう!