アレンジでカバー可能?薄毛や抜け毛対策を出産後にするには?

アレンジでカバー可能?薄毛や抜け毛対策を出産後にするには?

■忙しい出産後でも毎日出来るヘアアレンジは?

 

出産後は薄毛や抜け毛が気になる時期ですが、気にしつつ、ケアを
している時間もありません。毎朝、手軽に出来るアレンジは?

 

 

 

・ハーフアップで頭頂部の薄毛を隠せば帽子がいらない
・三つ編みカチューシャで可愛く生え際の薄毛隠し

 

 

現在、30代後半の私ですが、35歳と37歳で子供を出産しています。

 

 

一人目の出産のときに体力回復のことばかり考えていて、髪のケアを
一切していませんでした。

 

 

その結果、子供が1歳になった時もまだ薄毛の状態が治っておらず、
「髪の毛、なかなか治らないね」と先輩ママたちに言われました。

 

 

恥ずかしい思いをしたので、2人目の時は薄毛対策を万全にしようと
事前にいろいろ調べてみました。

 

 

その結果、カラーやパーマは薄毛を誤魔化すのに使えますが、髪と
頭皮へのダメージが強いので、避けた方が良いそう。

 

 

その代わりになるようなヘアアレンジをたくさん出来るようになって
おくと、薄毛のストレスを減らすことが出来ます。

 

 

ここで、薄毛をカバーできるヘアアレンジを紹介していきましょう!

 

 

「ハーフアップで簡単!薄毛カバー」

 

・髪全体に少量のワックスをもみ込む
・ハーフアップにして華やかなヘアアクセをつける
・ハーフアップにした部分を少しつまんでボリュームをもたせる

 

 

「生え際の薄毛カバー!三つ編みカチューシャ」

 

・両サイドの毛を細い三つ編みにする
・右の三つ編みを左の耳の後ろへ渡す
・左の三つ編みも右の耳の後ろへ渡す
・2本の三つ編みをピンでとめて完成

 

 

これなら、頭頂部の薄毛と生え際の薄毛をカバーすることができます。
慣れれば5分以内に出来るようになるので、練習をしておきましょう!

 

 

■全体的な薄毛を隠せるヘアアレンジは?

 

頭頂部や生え際などの部分的な薄毛を隠すことは、比較的簡単です。
しかし、全体的な薄毛をカバーするにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

・シニヨンにして全体的に髪の目毛をつまんでボリュームを出す
・シックな色の大きめリボンで薄毛を隠す

 

 

客室乗務員などが良くしているシニヨン、低い位置でのお団子は、
簡単でキレイなヘアスタイルになれることで、人気となっています。

 

 

このシニヨンを少しアレンジして、薄毛カバーに使いましょう!
まず、一般的なシニヨンを作ります。

 

 

そして、一つにまとめた髪を指でつまんで、ボリュームを持たせます。
シニヨンを作る時は、少しワックスをつければ、持ちが良くなります。

 

 

また、少し低い位置でポニーテールを作って、シックな色の大きいリボン
をすれば、リボンが薄毛を隠してくれます。

 

 

また、視線がリボンに行くので、ボリュームの無さが気になりません。

 

 

リボンの色はネイビーや深みどり、こげ茶などの落ち着いた色を選び、
シンプルで光沢のあるデザインのものを選べば、ママでもOKですよ!

 

 

■出産後にヘアアレンジをする時の注意ポイントは?

 

出産後の薄毛をヘアアレンジで隠すことで、ストレスなく育児に取り組む
ことが出来ます。カラーなどをしないことで頭皮に負担をかけません。

 

 

 

・ヘアレンジが優しくふんわりが基本
・髪を引っ張ると頭皮に負荷をかけるので、良くない

 

 

 

出産後のヘアアレンジは手の込んだものが出来ないので、
手軽で簡単なものになります。

 

 

素早く差サッとやってしまいたい気持ちはわかるのですが、髪の毛を
引っ張ってアレンジするのは避けるようにしましょう。

 

 

ヘアアレンジの基本は優しくふんわりです。

 

 

強く引っ張ったり、だらしない雰囲気になるのを避けるために、きっちり
アレンジすると頭皮に負担をかけるのです。

 

 

ですので、ルーズな髪型を心がけてください。

 

 

また、毎日同じ髪型だと、分け目や負担がかかる部分が同じになり
ます。

 

 

出来るだけいろいろなタイプのアレンジをして、1箇所に負担がかかる
のを避けるようにしてください。

 

 

また、冬などは首を冷やさないようにマフラーやスヌードなどを持ち
歩きましょう。

 

 

ママは、髪の毛が邪魔にならないアップヘアを好みますが、首が出て
いると、風邪をひきやすくなります。

 

 

■薄毛を解消してくれるエストロゲンの働きをサポートするには?

 

新しい髪を育てるのに必要不可欠な女性ホルモン・エストロゲンの働き
をサポートするには、どうすればいいのでしょうか?調べてみました。

 

 

 

・おしゃれをして外出することでエストロゲンを増やせる
・薄毛隠しをおしゃれにすることで、新しい毛を育てるサポートが出来る

 

 

エストロゲンは別名・美人ホルモンと呼ばれていて、美人になるために
必要不可欠なホルモンです。

 

 

おしゃれをして外出したり、趣味の時間を作ったり、好きな料理を
食べたりすることで、エストロゲンを増やすことが出来ます。

 

 

食材では、大豆食品がエストロゲンを増やす効果がありますよ。

 

 

さらに、身体を温めることで、分泌量が増えるので、夏でもクーラーなど
で身体が冷えないようにしておいてください。

 

 

そして、良質なビタミンをとると、エストロゲンの働きは活性化します。

 

 

良質なビタミンとは、ビタミン剤などではなく、果物から摂れる生の
ビタミンのこと。

 

 

朝食や間食に果物を食べるようにしてください。
また、日付が変わる前に寝ることも大切です。

 

 

ヘアアレンジ以外の方法も試してみてください。