薄毛を隠す髪型は?出産後の抜け毛を目立たなくするには?

薄毛を隠す髪型は?出産後の抜け毛を目立たなくするには?

■出産後の薄毛を何とかしたい・・・

 

出産後は一気に女性ホルモンのバランスが崩れ、髪の毛が大量に抜け
てしまいます。ただでさえ育児で大変なのにどうすればいいのでしょう?

 

 

 

・帽子を毎日被ると、湿気がたまり薄毛改善が遅れることも!
・髪型で誤魔化すことで通気性がよく薄毛が目立たない

 

 

私は、現在2児のママなのですが、35歳の初産の時にどっさりと髪の毛
が抜け落ちてしまい、とても焦りました。

 

 

今までも、ストレスで抜け毛がひどくなったことはあったのですが、
出産後の抜け毛の非ではありませんでした。

 

 

一回のシャンプーでピンポン玉くらいの量の髪の毛が抜けてしまい、
ドライヤーで乾かすと更に抜け、朝起きると枕には大量の髪の毛が!

 

 

「このまま禿げてしまうんじゃないか・・・?」
「私一人だけ、抜けすぎなんじゃないか・・・?」

 

 

かなり心配になり、出産後の抜け毛についていろいろ調べてみました。

 

 

まず、出産後の抜け毛は出産で女性ホルモンのバランスが一気に変化
したことが原因で起こります。

 

 

プロゲステロンとエストロゲン、2種類のホルモンバランスがひっくり返る
わけですね。

 

 

そして、育児ストレスや出産を機に引っ越しなどをして、新しい環境での
生活のストレスなどで、抜け毛が加速してしまうのです。

 

 

薄毛を気にして帽子をかぶり隠しているママも多いですが、帽子だと
頭皮の通気性が悪くなり、抜け毛が悪化する原因になります。

 

 

外出の際に帽子をかぶる時は、出来るだけ通気性のいいものを選び、
周囲に人が少ない場合などはとるようにしてください。

 

 

また、髪型などで誤魔化す方法も考えてみましょう!

 

 

■出産後の薄毛・抜け毛を隠す髪型は?

 

出産後は育児と家事の両立で忙しく、自分の薄毛ケアになんて時間を
かけていられません!そんな状態でもできる髪型はあるのでしょうか?

 

 

 

・暗めのカラーにすると薄毛が目立たない
・厚めの前髪で生え際の薄毛をカバー

 

 

出産後の薄毛を隠す髪型を調べてみると、毎日手の込んだセットを
しなくても、ちょっとした工夫で薄毛を隠せる髪型があるようです。

 

 

1.「暗めのカラーにする」

 

妊娠や出産は気持ちが暗くなったりするので、ヘナカラーなどで明るい
髪色にしている人も多いはず。

 

 

しかし、明るい髪色は髪の毛に軽さをもたらすので、薄毛を強調して
しまいます。

 

 

暗めのカラーにするだけで、薄毛が目立たなくなるので、試してみてくだ
さい。

 

 

真っ黒にするのに抵抗がある人は、ダークブラウンくらいが良いでしょう。

 

 

2.「厚めの前髪を作る」

 

前髪があるとセットが面倒なので、妊娠と同時に伸ばす人もいますが、
前髪の無い髪型は、生え際の薄毛を目立たせます。

 

 

ですので、思い切って、カットしましょう!
生え際の薄毛を目立たせない前髪は、ふんわりとした厚めの前髪。

 

 

コテを使うのが面倒でも、100円均一などで売っている巻いて放置する
だけでカールがかかるロットがあります。

 

 

ですので、そういったグッズを活用してみてください。

 

 

カールのついた前髪は優しい印象になりますので、薄毛を隠して、
ママらしい雰囲気を出すことも出来ます。

 

 

■最近、流行しているヘアターバン

 

薄毛対策に帽子を被ったり、パーマをかけたり、おしゃれにセットしたり。
いろいろな方法がありますが、最近はターバンが流行っています。

 

 

 

・太めで少しボリュームのあるヘアターバンがよい
・前髪を作るのに抵抗がある人も快適

 

 

ヘアターバンは、少し太めでボリュームがあるものが薄毛を隠してくれ
ます。

 

 

ショートでもミディアムでも、ロングでも、どの長さのままでも似合って、
サッとつけるだけなので、急いでいる時にも便利ですね。

 

 

生え際の薄毛を隠すためには、前髪を作るのがいいのですが、
前髪を作るのに抵抗がある人にもヘアターバンが向いています。

 

 

お団子などを作ると、前髪のサイドが薄いのが見えてしまうという人にも、
もちろん向いていますよ。

 

 

手頃な値段で手に入って、スタイリングが苦手なままでも出来るので、
一つ持っておくと良いですよ!

 

 

■美容院で相談するのも一つの方法

 

人の髪質や元々の量、どれくらい薄毛をカバーしたいのかは、人それぞれ
違います。ですので、美容院で相談をしてみるのも一つの方法です。

 

 

 

・薄毛をカバーできる髪型を提案してもらう
・どの部分の薄毛が一番気になるかなどを伝えよう

 

 

どれだけ、薄毛が気にならない髪型を調べても、実際の自分の薄毛の
進行状況、どれくらいカバーしたいかにより、納得できる髪型は違います。

 

 

ですので、美容院へ行って思い切って、「出産後の薄毛に悩んでいるこ
と」を美容師さんに伝えましょう。

 

 

実際の薄毛の状況を似てもらい、それに合った髪型をすることで、
薄毛の悩みを軽くできます。

 

 

やはり、実際に状況を見てもらって、対策を打ってもらうのが一番では
ないでしょうか?

 

 

また、美容院に行く時間がない場合は、前髪だけでもセルフカットに
挑戦してみましょう。

 

 

髪の毛が乾いている状態で、少しづつ切っていけば、切り過ぎる心配が
ありません。

 

 

セルフカットを習得しておくと、お子さんの髪の毛も切ってあげられる
ようになるので、練習のつもりでやってみてください。

 

 

セルフカット用のはさみは、ホームセンターなどで2,000円前後のもの
が丁度良いですよ。

 

 

あまり安すぎるはさみは髪を傷めるので、避けましょう!